横浜外国人墓地,Yokohama Foreign General Cemetery
FINANCE

年度別収支計算

1864年(元治元年)江戸幕府とアメリカ・イギリス・フランス・オランダの各国公使との間で横浜居留地覚書き書が締結され、1869年(明治2年)外務省は各国領事館に書翰(書簡)を送り、「外国人墓地は従来通り無代で貸し渡すが、維持・修理などの費用は今後は各国領事団で負担して欲しい」旨を伝えました。
これを受けて1870年(明治3年)各国領事団により管理委員会を結成して以来約150年に渡り、横浜外国人墓地は地方自治体や国の管理下ではなく公益財団法人の手によって維持管理されています。
維持管理費のほとんど大半は、土・日・祭日に行われる募金公開の募金とその運用によって賄われています。

2017年度 1月1日~12月31日
年間収支計算 (通貨:円)
勘定科目当期 合計
[収入金額]
寄附金68,000
募金箱216,051
年次寄附金5,132,719
公開募金4,197,835
墓地使用権・新規750,000
墓地使用権・予約購入0
墓地使用権・再使用4,800,000
受取利息3,800,487
雑収入1
収入金額合計18,965,093
[支出金額]
電気代642,279
水道代82,068
ガス代83,457
通信費174,583
庭園管理費758,638
ゴミ処理費366,552
修繕費12,960
レンタルサーバー代41,316
事務用品費704,135
支払保険料950,300
税金485,300
支払手数料153,112
給料8,940,000
賞与1,170,000
法定福利費1,482,990
墓地公開費857,638
その他の費用244,400
支出金額合計17,149,746
[収支差額]1,815,347
Copyright (c) 2012 The Yokohama Foreign General Cemetery Foundation.